先日の江ノ島での水着撮影♪

おつかれさまでした♪

いや~やっぱり人多かった・・・
それにしても神奈川方面は駐車場高いなあ・・・
制限ナシなんだもん・・・
これ、千葉とか茨城あたりだと、一日千円とかシーズン中だけ有料・・・とかね・・・
今回電車で行ったんですが、初めて江ノ電乗りました。線路幅狭い!!
目の前に民家・・・ビックリしました。笑

DSC_0493

それと、いつも取材などで地方のローカルなどに乗ると、ホームから改札通らずにそのまま外に出られそう駅があるんだけど、大丈夫なのかな・・・
って、心配するのって私だけ!? 笑

DSC_0495

今回はさすがに人が多く、前回のようなわけには行かなかったので、出来ればシーズンオフの9月にもう一回くらいどこかで水着撮影したいなあ・・・

DSC_0443

ちなみに今回の水着美人は・・・

_MG_6196
モデル:市川美咲

日中シンクロ撮影

日中シンクロ撮影

日中シンクロ撮影
なんて言い方すると、難しい撮り方・・・と一般の人は想いがちですが、要は明るいところでストロボを使った撮影をしているだけです・・・

実は個人的にはこの日中シンクロってあまり好きではないんですが、まあTPOによりますね。
モデルに動きを求めるときや、どうしても必要充分な光を得られない場合などは使います・・・(でもホントは極力自然な光を使いたいです)

日中シンクロで一番使用頻度が多い例と言うのは、モデルのポートレート撮影をするときの逆光での撮影でしょうか・・・
ただし、あまり極端に当てすぎると、『いかにもストロボ使って撮影しました』と言う素人然の写真になってしまいます・・・(笑 かく言う私もたまにやっちゃうんですが・・・)
日中シンクロのストロボ使用はあくまで隠し味程度と心得ておくと良いでしょう・・・

日中シンクロ撮影
日中シンクロ撮影

例えば、この二枚の写真・・・

実はどちらも同じようにストロボを当てて撮影をしています。
上側がかなりストロボの光が強すぎますね・・・下側の方が不自然な影などが出ていないしテカリもなく、良い具合に仕上がっていると想います。
この辺の調整は、その場で何枚もシャッターを切って確かめながら撮影をすると良いでしょう・・・
ただし、考えなければいけないのは自然が相手です・・・あまり考えていると、せっかくのシャッターチャンスを逃してしまうので、考えるよりもまず行動です・・・撮って撮って撮りまくる・・・です・・・

_MG_9940
_MG_9943

これらも実はストロボを使って撮影しています。
ストロボを使っているのに使っていないかのように撮影すると言うのも一つの撮影方法です・・・

━━PR━━

宣材写真
宣材写真