宣材写真4,000円(税別)で撮影時間・枚数無制限、再撮・返金保証有

オーディション・プロフィール用宣材写真

宣材写真は『美しさよりも自分らしさを・・・』でお馴染みのメディアサービススタジオにて、宣材写真撮影を行っています。

安いだけのスタジオはたくさんあります。
機材や施設が立派なスタジオはたくさんあります。
でも、みなさんが真に納得できる宣材写真撮影をできるスタジオは数少ないはずです・・・

宣材写真

弊社スタジオでは、撮影時間・枚数無制限、再撮・返金保証有
さらには、『宣材写真撮影における無料体験会&相談会』も毎週日・祝日に開催しています。
これらはみな絶対的な自信があるからではありません。
プロとしてクライアントに納得して料金を支払ってもらいたいからです。

本日は土曜日ですが、祝日のため予約なしで12:00から予約なしで撮影は入れます。
すぐに撮影に入りたい方は、電話で時間を確認してから来ていただいても構いません。

また、平日の場合は宣材写真撮影申し込みフォームか電話で予約を入れてください。

どんな宣材写真を撮ればいいのか!?

どんな宣材写真を撮ればいいのか!?

難しいですよね!? 笑

ってか、それが判れば苦労しないわけで、宣材写真撮ってるカメラマンはみんな芸能人になっちゃってますよ・・・笑

まずは、自分で色々考えてみて実行してください。
で、判らなければ相談なりアドバイスを求めるのが良いかと思います・・・
最初から他力本願な人が渡っていけるほど、この業界そんなに甘くないって・・・

そうやって事務所に入って『ああ安心・・・あとは事務所が仕事持って来てくれる・・・♪』って本気で想ってる何千何万と言う人を私は知っています・・・
宣材写真一つとっても、キチンと自分というものを魅せることが出来ない宣材写真では、誰のための何のための宣材かわからないでしょ!?

あなた自身は、その宣材写真で何がしたいですか!? 自分の何を発信したいですか!?
そのために、あなたはレンズの前で何をするべきですか!?
黙ってカメラマンの指示に従うことですか!?
それも良いでしょう・・・でも、それではそこに写っているあなたは『カメラマンの指示通りに動いている自分』であって、あなたが想っている自分ではありません。
まあまあ、『カメラマンの指示通りに動いている自分』をPRしたいと言うのであれば、それでも良いでしょう・・・
でも、ホントにカメラマンの指示通りに出来ていますか!?
“出来てるつもり”になってませんか!?

結局何の考えもなしに宣材写真撮りに来る人って、何もかもが中途半端で、ホントに何考えてるかわからない写真ばかりなんですよ・・・
せっかく高いお金払って撮影を依頼するわけですから、シッカリとした何かを持って来てください。
宣材写真を撮りにくる人と言うのは、その撮影のクライアントなわけです。
クライアントが広告などを出すに当たって、どんなイメージを演出したいのか、どんな撮影をするかって企画を考えたり周りの人と打ち合わせをしたりしますよね!?
行き当たりばったりで撮影なんかしませんよね!?
宣材写真も規模こそ違えど同じことなんです。

みなさん、就職試験を受けたりするのに会社に履歴書送りますよね!?
そのとき、履歴書に貼る写真を撮るとき、どうします!?
やっぱり相手に良い印象を与えたいからと、男性なら清潔感を前面に出すために事前に散髪に行ったり、ヒゲをそったり、直前に顔を洗ったり、普段着じゃなくスーツにネクタイを締めたり・・・
女性なら髪の毛は束ねた方がいいのかとか、ブラウスの色はやっぱり白よね!?・・・とか、髪の毛の色はもうちょっと暗い方がいいのかな・・・とか、
撮影スタジオとまでは行かなくても、駅前にある証明写真くらいは利用しますよね!? さすがにそこにスマホは使わないでしょ!?

と言った具合に、色々考えて行動しますよね!?

宣材写真の撮影も一つそう言うことで御願いします・・・♪
何のための誰のための宣材写真ですか!?
あなたはその写真で何を魅せたいですか!?
そしてそれはどうすればいいですか!?
あなたは、カメラの前で何をすればいいですか!?

そこまでやってくれれば、あとはこちらにお任せください。ちゃ~んとやっておきますから・・・♪
何も難しいことは言ってません・・・出来ないことをやってくれと言うわけではありません・・・出来ることをやってほしいのです・・・

_MG_8209

宣材写真のご用命はこちらまで・・・

宣材写真 服装

宣材写真 服装

宣材写真 服装 というのは基本的には決まったものはありません。
自分らしくあれば、それでよいと想いますし、自分が何を魅せたいのかと言うことです。

例えば、モデル志望の人なら、自分にとっての最大の武器はカラダです。(そのために普段から自分磨きをしているのでしょうから・・・)
であるならば、なるべくカラダのラインやアップで撮ったときに肌の質感が判るような衣装を着けて撮るのが良いでしょう・・・

一般的なのが、タンクトップにショーパンでしょうか・・・
但し、どちらもあまりダボダボのものはお勧めしません。本来それらを身につけるのはカラダのラインを魅せるためです。
なので出来るだけカラダにフィットするものを身に着けましょう・・・

一番いいのは水着ですね・・・♪
若い子などは『え~!!』って言うんですが、本来モデルの最大の武器なわけですし、そのために日ごろから自分磨きをしているわけでしょうから・・・
それを魅せることができない時点でモデルとしてはアウトだと想います。。。

演出のための洋服選び・・・
セクシーさを演出するためにボディコンを着て撮影するケースもあります。

その他、役者であったり歌手・声優・タレント・・・
さまざまな分野に合わせて、どんな自分を魅せたいかを考えて洋服選びをしていただければいいと想います・・・
自分らしい自分・・・自分じゃない自分・・・そこに写っている自分がどんな自分であろうと、結局は全部自分です・・・

最後に全ての分野で言えることなんですが、自分を魅せる大事な写真なんですが、肝心の顔を隠すケースがすごく多いんです・・・
どう言うことかというと、髪の毛でオデコ・フェイスラインを隠したり、目元まで髪の毛を下ろして目がハッキリと判らないケースの写真と言うのを良く目にします・・・

こう言うのって、自信のなさをあらわしていたりします。気をつけて・・・

宣材写真 服装

宣材写真のご用命お待ちしています。