黒のデジタルカラーボードが製造中止に・・・

ハレ切れ用に黒カポックとか黒ボードを良く使うのはご存知ですよね・・・
でも、普通の黒カポックや黒画用紙だと、ハレ切れ用には使えるんですが、背景としては使えません。
どうしても反射してしまい、綺麗な黒が出ないからです。
もちろん黒のバックペーパーも例外ではなく、上手にハレ切れしてあげないと綺麗な黒バックにはなりません。

そこでデジタルカラーボード(他所ではなんて言ってるか知らないけど・・・)と言う、発泡スチロールに無反射の起毛をあしらったボードがスタジオでは好んで使われ大変人気があったのです・・・
私もせっかくスタジオを持って持ち運ぶ必要がなくなったので、これを機会に何枚か持っておこうと業者に注文しようとしたところ、製造元が製造を中止してしまい、他の色も現品限り・・・ということでした。
もちろん黒のボードは人気があったので一番最初に在庫がなくなったとのこと。

結局色々あたってみたのですが、反射光率をあれだけ抑えられる商品にお目にかかることが出来ず、自分で作ってしまいました・・・黒のデジタルカラーボード・・・笑

黒バック撮影_MG_1896

でも、自分で作るとやっぱり相当高いです・・・
材料費だけで、市販されてたデジタルカラーボードの販売価格よりも高くつきますから・・・
製造元がなくなっちゃったので、自分の所で作って販売をしようかなとも想ったんですが、100・200作った位じゃ、一枚あたりの単価を10,000円切るのがやっと・・・
高すぎて、ちょっと商売にはなんないかなァ・・・笑
布地の材質落とせばもっと安く作れるけど、反射しちゃうような黒レフじゃしょうがないしね・・・苦笑

黒バック撮影_MG_2706

ハレ切れナシで、この黒さ・・・ストレートに背景にもストロボが当たってます・・・

一人、スタジオもちのカメラマンにも作ってあげたけど、しばらくはそんな感じで受注生産で売ってこうと想ってます。
あっでも、3×6、一枚に付き10,000円だからね・・・♪

それと、もしかしたら私が知らないだけで、他で製造してるのかもしれないし、他所探して安ければそちらをお勧めします。
どれだけの反射光を抑えられるかは判らないですが・・・