作品撮りにて・・・歩く・・・と言うポージング

本人が一番よくわかっていると思いますが、このカットは、スタジオで実際に歩いてもらっています。

下の写真と見比べてみていかがですか?
明らかに、力が入っていないのが分かりますか?

歩くという行動をとることで、本人は各パーツへの意識が散漫になっているため、余計な力みがないのです。
下の写真の場合は特に、脚にそれが顕著に表れているのがわかりますか?

歩くというポーズではなく、歩くという行動をとってもらう・・・これがポージングです。
自分が思った通りのポーズで撮影ができないため、歩くという行動の一瞬一瞬に意識をしなければいけない・・・と言うことなんですが、そこまでやろうとすると今度は歩くことそのものに意識をしてしまい、ぎこちない動きになってしまうのです・・・

だから、普段から綺麗に歩く・・・と言うことを意識して生活をしていれば、これくらいのことは、カメラの前でも簡単に出来るようになるのです・・・
だって、普段やっていることですから・・・
それをカメラの前でだけ、体裁を取り繕おうとするから、ぎこちない格好になってしまうのです。
写真と言うのは、良くも悪くも普段の自分そのものが写し出されているものなのです。

 

ポーズとポージングの違い

これがわかるようになってくると、後はもう簡単です。
放っておいても、自分からドンドンいろんなことをやり始めます。

自分で、『あんなことしてみよう』『こんなことしてみよう』と言う自発的な考えが芽生え行動できるようになれば、それが本当の『自分らしさ』じゃないんでしょうかね・・・
もっとも、それが美しいかどうかは別ですが・・・ね・・・♪

久々の作品撮りです♪

最近時間がなく、作品撮りしてませんでした。

 

こうやって見ると、すごく艶やかで大人な雰囲気なんだけど・・・
全体的には子供なんだよなぁ・・・笑

スナップ撮影、おつ!!

久々にスナップ撮影をしました。
最近はスナップ撮影も作品撮りもあまり分け隔てなく撮影しています。
まあ、そもそも違いなんかないんですけどね・・・

作品撮りって言っちゃうと、途端にハードルが上がっちゃうらしいんですよ・・・
だから、スナップ撮影ってしておいた方が良かったりもします・・・笑

宣材写真を撮るにあたって・・・

宣材写真を撮るにあたって・・・

奇跡なんか必要ありません。最高の一枚も必要ありません。カメラマンやスタイリストの腕も必要ありません。立派な機材やセット・・・こんなものも全く影響しません。
本当に必要で最も重要なのは自分自身の気持ちなんです。

宣材写真で本当に見せるべきものは『他人に演出された自分』ではなく、良くも悪くも『自分』なのです。

現に綺麗にメイクしてもらって綺麗な写真が出来ても、オーディション通らないでしょ!?
だって、見せたいと思う人の気持ちと、見たいと思う人の気持ちがシンクロしてないわけですから・・・

自分よがりのただただ綺麗な写真と言うだけで、そこには本当の意味での自分と言うものが反映されていないということなんです。

宣材写真で本当に必要なのは、見る側の立場に立って、何を魅せるべきか・・・と言う思いやりの心なんです。
そして、自分の見せたい見せたくないにかかわらず、自分が何者であるかを伝えるということが大事なのです。
そこがあなたの良い部分であるか悪い部分であるかを決めるのは、あなた自身ではありません。
見る側が決めることなのです。

写真に人の気持なんか写るわけない・・・

と思っている方・・・
大丈夫・・・私が撮る宣材写真にはちゃんと写っていますから・・・
それが、見る側にとって良いものなのか悪いものなのかは別ですがね・・・

そんな宣材写真がほしいなら・・・メディアサービスへ

黒いドレスで作品撮り

ただ、ドレスを着てカメラの前で突っ立っているよりも、絶えず動き回っていた方が躍動感が出る。

まあ、当たり前の話なんだけど・・・

作品撮りより・・・

おやすみ・・・♪

彼女をモデルに起用する一番の理由は・・・
安心感です・・・
もう、モデルとして5年、うちにいます。

『綺麗・可愛い・格好良い』は二の次・・・というか当たり前・・・
で、他に何がありますか?
ということ・・・

ところで、みなさんは何をお持ちですか?

ネット上で、『いいね』の付けあいっこしてるだけで、コミュニケーションがとれている・・・つながっている・・・なんて、まさか本気で思ってないでしょうね・・・