黒のデジタルカラーボードが製造中止に・・・

ハレ切れ用に黒カポックとか黒ボードを良く使うのはご存知ですよね・・・
でも、普通の黒カポックや黒画用紙だと、ハレ切れ用には使えるんですが、背景としては使えません。
どうしても反射してしまい、綺麗な黒が出ないからです。
もちろん黒のバックペーパーも例外ではなく、上手にハレ切れしてあげないと綺麗な黒バックにはなりません。

そこでデジタルカラーボード(他所ではなんて言ってるか知らないけど・・・)と言う、発泡スチロールに無反射の起毛をあしらったボードがスタジオでは好んで使われ大変人気があったのです・・・
私もせっかくスタジオを持って持ち運ぶ必要がなくなったので、これを機会に何枚か持っておこうと業者に注文しようとしたところ、製造元が製造を中止してしまい、他の色も現品限り・・・ということでした。
もちろん黒のボードは人気があったので一番最初に在庫がなくなったとのこと。

結局色々あたってみたのですが、反射光率をあれだけ抑えられる商品にお目にかかることが出来ず、自分で作ってしまいました・・・黒のデジタルカラーボード・・・笑

黒バック撮影_MG_1896

でも、自分で作るとやっぱり相当高いです・・・
材料費だけで、市販されてたデジタルカラーボードの販売価格よりも高くつきますから・・・
製造元がなくなっちゃったので、自分の所で作って販売をしようかなとも想ったんですが、100・200作った位じゃ、一枚あたりの単価を10,000円切るのがやっと・・・
高すぎて、ちょっと商売にはなんないかなァ・・・笑
布地の材質落とせばもっと安く作れるけど、反射しちゃうような黒レフじゃしょうがないしね・・・苦笑

黒バック撮影_MG_2706

ハレ切れナシで、この黒さ・・・ストレートに背景にもストロボが当たってます・・・

一人、スタジオもちのカメラマンにも作ってあげたけど、しばらくはそんな感じで受注生産で売ってこうと想ってます。
あっでも、3×6、一枚に付き10,000円だからね・・・♪

それと、もしかしたら私が知らないだけで、他で製造してるのかもしれないし、他所探して安ければそちらをお勧めします。
どれだけの反射光を抑えられるかは判らないですが・・・

宣材写真のバック飛ばしはありやナシや!?

リクエストとして良く言われるのが、背景を綺麗に真っ白にしてほしい・・・
って事なんですが、極論から先に言うと・・・・

正直どっちでも良いです・・・笑
やりたきゃやりゃあいいし、やりたくなければやらなければ良い・・・

と言ってしまったら、毎度の事ながら、身も蓋も鍋もない・・・

個人的な見解を述べさせてもらうと必要ないかな・・・
だって、そうすることに意味を持ってバック飛ばしをするのであれば良いけど、ほとんどの場合は、その方が写りが良く見えるから・・・なんだもん♪

綺麗に魅せたかったら、まず自分が綺麗になりなさい!!

第一、宣材写真で魅せるべきものは、その人となり・・・であって、カメラマンの撮影方法や撮影テクニックを披露するものではありません。

とは言うものの・・・笑

こちらも商売なので、やってくれと言われればやります・・・御代は別料金ですが・・・
通常の宣材写真はストロボ2灯で撮ってますが、バック飛ばしには倍の4灯必要になります。
そのため、料金は2,000円プラスです・・・

でも、まあお勧めはしないです・・・2,000円捨てるようなもんです・・・

宣材写真


バック飛ばしをしなくてもこれくらいの白さで撮影できます。
おそらく、バックを飛ばしたいというよりは、背景に写る影を消してほしいと言うことなんだと思います。
みなさん、この辺の写真を見せると大体納得してくれます・・・♪
ストロボは2灯です。

詳しい内容は宣材写真撮影についてを、お急ぎの方は090-1610-7996

バックペーパーを新調しました・・・

これまでサベージの2.2m幅を使っていました。
理由は持ち運びに便利だったからです。(いや実は私の車ではそれ以上運べなかったから・・・笑)
でも、スタジオを構えたことで、もう持ち運ぶ必要性がなくなったため、スーペリアの2.72m幅に変えました。
5.5mのハーフサイズにしたのは、ペーパーを支えるポールが荷重負担で支えきれなくなる可能性を考えたからです・・・
(あんまりいいもの使ってないので・・・涙)

DSC_0367

これにより、今までは若干モデルの動きに制限があったのですが、今後はそうしたこともなくなります。
(さすがに飛び跳ねたりは出来ませんが・・・苦笑)

いかがですか?
明らかに白いホリゾントが増えたのがお判りいただけるかと想います。

単に幅が広がっただけではありません。
今まで使っていたバックペーパーを下敷きにし、床が直に見えないようにしたのです・・・
もちろんこの部分は普段の撮影時には写真に写ることはないのですが、その手前の部分が少しでも白ホリになっているか否かで撮影に大きな影響を与えることもあり、そのために多くの作業を必要とすることもあるのです。

とは言うものの・・・言わなきゃわかんないですけどね・・・
まあ、私のちょっとしたこだわりです・・・元々スタジオに適していない箱をスタジオとして使用しているわけですから、少しでもスチル撮影が出来るスタジオとして使うための・・・

と言うか、バックペーパーの消耗頻度が早すぎる!! 笑
みなさん、何で撮影するために洋服は用意してくるのに靴は履いてきたものを使うんですか!!
普通スタジオの白ホリで土足(下履き)は厳禁ですよ!?
一応、履物は用意はありますがサイズ違いとかもあるので気をつけてください。

オープニングキャンペーンは本日最終日!!

宣材写真撮影のオープニングキャンペーンは本日最終日となっています。
最終受付は20:00までとなっていますので、ご入用の方はお早めにご連絡ください。

info@streetsnap-japan.comもしくは
LINE ID:kenjis1969で検索を・・・ID検索許可してます。
繋がらない場合は、090-1610-7996まで

スタジオご案内

_MG_2750

弊社スタジオは20㎡と決して広くはないですが、人物の全身撮影が充分に出来るだけのスペースを確保しております。
めいいっぱい引きで撮れば70~85mmで全身が撮れます。

_MG_2386

また、宣材撮影を想定して簡単なメイク&着替えスペースを設けてあります。

_MG_2387
_MG_2389


メイクに必要な道具は全て自前でお願いします。

_MG_2235

こんな感じで撮れます。

_MG_2272


広角を使う必要がなく変な湾曲がないため自然な仕上がりの撮影が可能です。

宣材写真のご用命は『宣材写真撮影』をご覧ください。

スタジオまでの道順

メディアサービススタジオ道案内
都営新宿線・メトロ半蔵門線 『住吉』駅下車 A1出口を上がると・・・

_MG_2010


きっとこんな風景に出くわすでしょう・・・(春夏限定・・・♪)

_MG_2015

ちなみに住吉駅A1出口はこんな感じです。(ツバメの巣があるので赤いパイロンがあります)

_MG_2016

A1出口を出て左手に江東信用組合とかセブンイレブンが見えますのでそちらに向かってまっすぐ歩いてください。(もちろん障害物とかは避けてくださいね・・・一途に直進しすぎて血だらけで来られても困りますから・・・)

_MG_2017

しばらく歩くと住吉銀座商店街と言う交差点に差し掛かります。(ボケ~と歩いてると見過ごしますよ・・・)

この交差点に喜多方ラーメンがありますのでそこを左に・・・(ちなみにこの喜多方ラーメンは私も二回行きました♪)

_MG_2019

20~30m歩くと『昭和酒場 黄金バット』と言う看板があります。

DSC_0568

ここが当スタジオが入っているコーヨービルの入り口になります。
あとは3階まで階段を上がってください。302号室です。

宣材撮影 期間限定1,000円(税別)

宣材撮影_MG_3194_4

終了しました(このサービスは2014/5/3~2014/5/6まで実施されたものです)

スタジオオープンに伴ない、期間限定で宣材写真を1,000円(税別)にて撮影します。
期間は5/3(土)~5/6(火)までの四日間・・・(AM11:00~PM9:00 5/3は12:00~)

サービス内容とクォリティは通常とほとんど変わりませんが、撮影時間を短くさせていただきます。

◆バックペーパーは白のみ
◆ヘアーメイク等は自前
◆衣装は1着のみ、2着目以降は1着ごとに1,000円(税別)プラス
◆データは加工・修正なしで撮影後すべてCDに焼いて手渡します

スタジオへお越しになる前にメイクは済ませておき、手直し程度ですぐに撮影に入れるようにしておいていただくと、スムーズに撮影ができ、より良く多くの撮影がこなせます。
撮影開始からデータお渡しまで約30分くらいを目安にみておいてください。
お支払いは撮影終了後現金のみとなります。(なるべくお釣りのないようにお願いします)

宣材撮影で長時間待たせる程、人が来るとも思えませんが、予約を入れてください。
当日来られるかどうかわからない場合は、飛び込みで来ていただいても構いませんが、たまたま撮影が入っていたり、たまたま撮影が入っていたり、たまたま撮影が入っていたり・・・
あっあと、居眠りしているところに不意を付かれると若干不機嫌かもしれません・・・笑

場所:〒135-0002 東京都江東区住吉2-2-1 コーヨービル302
名称:メディアサービススタジオ

メトロ半蔵門線・都営新宿線 『住吉駅』下車 A1出口から徒歩2分
・A1出口を左
・住吉銀座商店街交差点左折
・フジマートというスーパーの建物がコーヨービルです。
・スーパーを回りこんでいただくとコーヨービルの建物に入る入口があります。

5/3 撮影スタジオ こっそりオープン♪

撮影スタジオ

5月から撮影スタジオ用として事務所を借りました。
今後はそちらを拠点に活動をしていき、仕事の幅とグレードが上がってくれればと想ってます。

とは言うものの、当面はこれまでどおり外へ出ての撮影が多く、事務所に居る時間帯は大変不規則です。
スタジオ自体も20㎡と決して広いわけではなく、立地も取り立てて良い訳ではありません。
基本的には、自社で請け負った仕事をこなす作業場的意味合いが強いです。

但し、そこは”サラ”の事務所・・・
何もない状態での20㎡ですので、部屋の中で、めいいっぱい引きで撮れば70mmの望遠で人物の全身くらいは充分撮れます。(それを想定しての箱選びでもありましたし・・・)
天井の低さは諦めました・・・笑

それと、立地ですが場所は江東区の住吉と言うところになります・・・
聴いたことない人も多いと想いますが、渋谷からメトロ半蔵門線で30分くらい電車に揺られますが乗り換えナシで一本です。
さらに駅から徒歩2分と言う近さなので、ドアツードアのトータルを考えたら決して都心の他のスタジオに比べて不便さを感じません。

と言うことで、今後ともよろしく御願いします。