ベリーダンスが流行ってる・・・

ここ数年、私の周りではベリーダンスが流行っているらしい・・・♪

_MG_0737_MG_0741

ところでこのベリーダンスって何処の国のダンスなんだろう・・・
話を聞くとベリーにも色んな形があるらしく、それぞれとても見ていて美しい・・・
さすがにやってみたいとは想わないが、一度大きな舞台セットで撮影してみたいなと想う、今日この頃・・・

_MG_1215_MG_1091_MG_0914
みんな同じようなポーズばかりになってしまった・・・笑

山田はなこで作品撮りしたらこうなった・・・

ええ・・・まあ、そうなんですよ・・・

_MG_3436

やっぱセーラー服いいなァ・・・

_MG_3371

彼女いわく・・・『コスプレになっちゃう前に・・・』だそうです・・・笑
なるほど・・・確かに・・・

_MG_2903

 

去年の夏くらいから彼女を撮り始めて、これまでの写真を見てみるとやっぱり成長したなァ・・・って想うんですよ・・・ホント・・・
いや、身長が・・・じゃなくて・・・笑
最初、表参道のスナップ撮影に来て、すぐ次に渋谷でスナップ撮ってたときは、やたらとファッション雑誌なんかにあるようなポージングばかりをしようとして、レパートリーが少なすぎてすぐ飽きちゃったんだけど、今年に入ってくらいからかな・・・
いろんな面を覗かせるようになってきて、撮ってて面白いもんね♪

彼女を見ていて想うのは、彼女はホント努力家だわ・・・
やっぱり人は努力すると、それなりに結果が着いてくるんだね・・・
それとすごく真面目!!
普段はいいのよ、どうだって・・・一度決めたことに真面目でさえあってくれれば・・・じゃないと疲れちゃうしね・・・

モデル:山田はなこ

どんな宣材写真を撮ればいいのか!?

難しいですよね!? 笑

ってか、それが判れば苦労しないわけで、宣材写真撮ってるカメラマンはみんな芸能人になっちゃってますよ・・・笑

まずは、自分で色々考えてみて実行してください。
で、判らなければ相談なりアドバイスを求めるのが良いかと思います・・・
最初から他力本願な人が渡っていけるほど、この業界そんなに甘くないって・・・

そうやって事務所に入って『ああ安心・・・あとは事務所が仕事持って来てくれる・・・♪』って本気で想ってる何千何万と言う人を私は知っています・・・
宣材写真一つとっても、キチンと自分というものを魅せることが出来ない宣材写真では、誰のための何のための宣材かわからないでしょ!?

あなた自身は、その宣材写真で何がしたいですか!? 自分の何を発信したいですか!?
そのために、あなたはレンズの前で何をするべきですか!?
黙ってカメラマンの指示に従うことですか!?
それも良いでしょう・・・でも、それではそこに写っているあなたは『カメラマンの指示通りに動いている自分』であって、あなたが想っている自分ではありません。
まあまあ、『カメラマンの指示通りに動いている自分』をPRしたいと言うのであれば、それでも良いでしょう・・・
でも、ホントにカメラマンの指示通りに出来ていますか!?
“出来てるつもり”になってませんか!?

結局何の考えもなしに宣材写真撮りに来る人って、何もかもが中途半端で、ホントに何考えてるかわからない写真ばかりなんですよ・・・
せっかく高いお金払って撮影を依頼するわけですから、シッカリとした何かを持って来てください。
宣材写真を撮りにくる人と言うのは、その撮影のクライアントなわけです。
クライアントが広告などを出すに当たって、どんなイメージを演出したいのか、どんな撮影をするかって企画を考えたり周りの人と打ち合わせをしたりしますよね!?
行き当たりばったりで撮影なんかしませんよね!?
宣材写真も規模こそ違えど同じことなんです。

みなさん、就職試験を受けたりするのに会社に履歴書送りますよね!?
そのとき、履歴書に貼る写真を撮るとき、どうします!?
やっぱり相手に良い印象を与えたいからと、男性なら清潔感を前面に出すために事前に散髪に行ったり、ヒゲをそったり、直前に顔を洗ったり、普段着じゃなくスーツにネクタイを締めたり・・・
女性なら髪の毛は束ねた方がいいのかとか、ブラウスの色はやっぱり白よね!?・・・とか、髪の毛の色はもうちょっと暗い方がいいのかな・・・とか、
撮影スタジオとまでは行かなくても、駅前にある証明写真くらいは利用しますよね!? さすがにそこにスマホは使わないでしょ!?

と言った具合に、色々考えて行動しますよね!?

宣材写真の撮影も一つそう言うことで御願いします・・・♪
何のための誰のための宣材写真ですか!?
あなたはその写真で何を魅せたいですか!?
そしてそれはどうすればいいですか!?
あなたは、カメラの前で何をすればいいですか!?

そこまでやってくれれば、あとはこちらにお任せください。ちゃ~んとやっておきますから・・・♪
何も難しいことは言ってません・・・出来ないことをやってくれと言うわけではありません・・・出来ることをやってほしいのです・・・

_MG_8209

宣材写真のご用命はこちらまで・・・

朝からスタジオにて・・・

今日は朝からスタジオで、デジタルカラーボードを作っていました・・・(詳しくは黒のデジタルカラーボードが製造中止に・・・を参照)

_MG_8565

そうなんです♪
注文が入ったんですよ・・・笑
名前は言えないですが、都内でスタジオをいくつか展開しているところから、まとまったオファーが・・・
ましてやこんなもの一万円で売れるなんてビックリ!!

でも、ホント売ってないみたいだね・・・
何処にサンプル取り寄せても、黒のカラースプレーで塗装したカポックしかおいてないらしい・・・
資材や機材を専門に扱ってるところなら、置いていそうな気はするんだが・・・

_MG_8568
これは、ボードに直接ストロボを当ててどんな具合かを調べているところ・・・
やはり、素人のお手製と言うことで、眼で見ると完成は随分と(シワや端の処理)荒い・・・
それでも、撮影に影響がない程度に仕上げられればOKかな・・・

実際に真正面からストロボを当てて撮ったものがこちら・・・
_MG_8566

半信半疑の人も多く、最近メールなどでも問い合わせが増えてきてます。
なので、一度ご来店いただき、実際にその目で確かめることをお勧めします。
黒のカポックとは全然違いますから・・・

黒のデジタルカラーボードが製造中止に・・・

ハレ切れ用に黒カポックとか黒ボードを良く使うのはご存知ですよね・・・
でも、普通の黒カポックや黒画用紙だと、ハレ切れ用には使えるんですが、背景としては使えません。
どうしても反射してしまい、綺麗な黒が出ないからです。
もちろん黒のバックペーパーも例外ではなく、上手にハレ切れしてあげないと綺麗な黒バックにはなりません。

そこでデジタルカラーボード(他所ではなんて言ってるか知らないけど・・・)と言う、発泡スチロールに無反射の起毛をあしらったボードがスタジオでは好んで使われ大変人気があったのです・・・
私もせっかくスタジオを持って持ち運ぶ必要がなくなったので、これを機会に何枚か持っておこうと業者に注文しようとしたところ、製造元が製造を中止してしまい、他の色も現品限り・・・ということでした。
もちろん黒のボードは人気があったので一番最初に在庫がなくなったとのこと。

結局色々あたってみたのですが、反射光率をあれだけ抑えられる商品にお目にかかることが出来ず、自分で作ってしまいました・・・黒のデジタルカラーボード・・・笑

黒バック撮影_MG_1896

でも、自分で作るとやっぱり相当高いです・・・
材料費だけで、市販されてたデジタルカラーボードの販売価格よりも高くつきますから・・・
製造元がなくなっちゃったので、自分の所で作って販売をしようかなとも想ったんですが、100・200作った位じゃ、一枚あたりの単価を10,000円切るのがやっと・・・
高すぎて、ちょっと商売にはなんないかなァ・・・笑
布地の材質落とせばもっと安く作れるけど、反射しちゃうような黒レフじゃしょうがないしね・・・苦笑

黒バック撮影_MG_2706

ハレ切れナシで、この黒さ・・・ストレートに背景にもストロボが当たってます・・・

一人、スタジオもちのカメラマンにも作ってあげたけど、しばらくはそんな感じで受注生産で売ってこうと想ってます。
あっでも、3×6、一枚に付き10,000円だからね・・・♪

それと、もしかしたら私が知らないだけで、他で製造してるのかもしれないし、他所探して安ければそちらをお勧めします。
どれだけの反射光を抑えられるかは判らないですが・・・

宣材写真のバック飛ばしはありやナシや!?

リクエストとして良く言われるのが、背景を綺麗に真っ白にしてほしい・・・
って事なんですが、極論から先に言うと・・・・

正直どっちでも良いです・・・笑
やりたきゃやりゃあいいし、やりたくなければやらなければ良い・・・

と言ってしまったら、毎度の事ながら、身も蓋も鍋もない・・・

個人的な見解を述べさせてもらうと必要ないかな・・・
だって、そうすることに意味を持ってバック飛ばしをするのであれば良いけど、ほとんどの場合は、その方が写りが良く見えるから・・・なんだもん♪

綺麗に魅せたかったら、まず自分が綺麗になりなさい!!

第一、宣材写真で魅せるべきものは、その人となり・・・であって、カメラマンの撮影方法や撮影テクニックを披露するものではありません。

とは言うものの・・・笑

こちらも商売なので、やってくれと言われればやります・・・御代は別料金ですが・・・
通常の宣材写真はストロボ2灯で撮ってますが、バック飛ばしには倍の4灯必要になります。
そのため、料金は2,000円プラスです・・・

でも、まあお勧めはしないです・・・2,000円捨てるようなもんです・・・

宣材写真


バック飛ばしをしなくてもこれくらいの白さで撮影できます。
おそらく、バックを飛ばしたいというよりは、背景に写る影を消してほしいと言うことなんだと思います。
みなさん、この辺の写真を見せると大体納得してくれます・・・♪
ストロボは2灯です。

詳しい内容は宣材写真撮影についてを、お急ぎの方は090-1610-7996