• カテゴリー別アーカイブ 宣材写真撮影
  • 宣材写真撮影の紹介記事。

  • バック飛ばしで宣材撮ってみた

    ちょっとわかりずらいけど・・・

    左右のストロボは被写体ではなくバックに当てています。
    被写体を照らしているのは、上下のストロボになります。

    全身だとこうなります。

    バックペーパーの手前に配置してあるストロボは、先ほどと同じようにバックに当てています。
    手前の左側にあるストロボが被写体を照らすメインになり、写真には写っていないですが、カメラマンのすぐ横にはもう一灯、フィルインで一灯で計4灯でバック飛ばしの撮影を行います。
    ちなみにこのときのカポックは黒でハレ切れをし、後ろから跳ね返って来る余計な光をカットするために使います。

    すると、こんな感じで撮れます。

    うちのスタジオは狭いので、これが限界ですが、ポイントとしてはあまり被写体を後ろに立たせすぎないことと、ハレ切れをしっかり行い、カットするべき光はカットするということ・・・

    まあ、その気になれば、フォトショなんか使わなくても、これくらいの撮影はできるから・・・オプションですが・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

    そんな宣材写真がほしいのなら・・・メディアサービスへ


  • 今日はまだまだ予約ナシで宣材写真撮影承ります♪♪

    ほら、今日は暇だから・・・笑
    早朝から2つ撮影をこなした後は、暇で~す・・・
    なので、このあと夜まで特に予定入っていないので、20時くらいまではいますが、明日も朝が早くAM7:30から表参道で撮影するので、予定なさそうなら夕方に帰っちゃおうかとも思ってます。


    久々に宣材写真ページに掲載用の撮影しました。

    せっかくなのでバック飛ばしとかやってみたけど、ちょっと色濁っちゃったかな・・・

    そんな宣材写真を撮りたい方はメディアサービスへ


  • 宣材写真の目的とは・・・

    宣材写真の目的とは・・・

    ズバリ・・・

    見る者の心をつかむことです。

    つまり、どんなに綺麗でかわいくて恰好良い写真でも、見る者の心をつかめない宣材写真に宣材写真としての意味をなしていない・・・ということにはならないでしょうか・・・
    そんな写真はただの自己満足あるいは思い出作り・・・

    宣材写真を撮る目的を考えましょう・・・

    本来、宣材写真とは何かをなしえるための手段として用いなければならないはずなのに、目的になってしまっている方が多いように見受けられます。

    『綺麗・可愛い・恰好良い』も本来は目的ではなく手段であり、所詮は見る者の結果に過ぎないということ・・・
    にもかかわらず、『綺麗に撮ってほしい』『可愛く撮ってほしい』『格好良く撮ってほしい』・・・

    では、みなさんに聞きますが、『なぜ?』
    なぜ、綺麗に可愛く格好良く・・・撮ってほしいのですか?

    綺麗・可愛い・格好良いは手段であり目的ではないし、所詮は見る者が決める結果に過ぎないということ・・・
    宣材写真を撮るにあたって、そんなことを言っているようでは、宣材写真を撮る本当の目的にたどり着くのはまだまだ道のりは遠いようですよ・・・

    宣材写真の目的とは・・・

    どんな宣材写真を撮れば良いかわからないなら・・・メディアサービスのフォトスタジオ