• カテゴリー別アーカイブ 宣材写真撮影
  • 宣材写真撮影の紹介記事。

  • 宣材写真を撮影するにあたっての間違いだらけのスタジオ選び

    みなさんは、宣材写真を撮影するときに何を基準にスタジオを選びますか?

    『料金!? 移動のしやすさ!? 知名度!?』

    これらでスタジオを選ぶと、まあ、その時点でスタジオ選びは半分以上失敗ですね・・・

    『ネットで色々調べる!?』

    これもねえ・・・あんまりネットの情報って頼りにならないね・・・
    うちに救済を求めて再撮に来る娘たちって、どこで撮影をしたか聞くと大体検索すると上位表示されているような知名度の高いスタジオばかりだし・・・

    君たちそもそも、何のために宣材写真撮るの!?
    1人1人にその目的があるはずなんだよ・・・
    その本来の目的をおざなりにして、料金とか立地とか知名度と言った、全く目的とは関係ないことでスタジオやカメラマンを選ぶからスタジオ選びに失敗をするわけなんだよ・・・

    まず、自分が何の目的で宣材写真を撮りたいのか・・・その目的を中心に置いて絶対にそれをぶらさないこと・・・
    そして、それに見合ったスタジオ候補をいくつかピックアップ出来たところで、はじめて料金の安さとか、移動範囲にあるかどうか、安心を買う意味で知名度などで選んでもよいと思う・・・

    つまり、スタジオ選びのための考え方が全く逆なの・・・
    だから失敗するの・・・

    ネットの情報も・・・まあみんないろんなこと言ってるよ・・・
    オーディションを合格するためのポイントやコツなんてないの・・・そんなのがあったら、宣材写真撮ってるカメラマンなんかカメラマンなんかやってないよ・・・みんな芸能人やってるよ・・・笑

    表現の世界と再現の世界は違うの・・・
    カメラマンにポイントだのコツなどと言われてやらされるのは、それはもう表現ではなく、言われたことをやらされている再現なの・・・

    あのね・・・我々カメラマンも商売で撮ってるからね・・・正直オーディションに合格するかどうかよりも、お金を出してくれる人が気持ちよく満足してくれればそれでいいの・・・

    でもね、それで君たちの目的は達成できますか!?
    自分が満足なら、それでオーディションに受かりますか!?
    そのスタジオで撮った写真と同じことを、どこへ出ても同じクォリティで引き出すこと出来ますか!?

    『今日はもうお金はいらないから帰りなさい』

    うちでは時折、そう言われて帰る娘もいます。
    カメラの前に立つその娘は、私から見たらとても宣材写真を撮りに来たようには見えないからなの・・・
    『宣材写真を撮りに来た』のではなく『料金が安いから撮りに来た』
    『宣材写真を撮りに来た』のではなく『近いから撮りに来た』なの・・・
    それじゃあ、君の本来の目的は、達成できませんよ!?
    って、ことなの・・・

    つまりは、宣材写真って、周りの環境がどうかではなく、自分自身がどうか・・・ってことなの・・・

    そのことに気づかない限り、スタジオジプシーは永遠に終わらないと思う・・・

    いい加減宣材写真でスタジオジプシーを抜け出したいと思うなら、メディアサービスの宣材写真撮影がおすすめ・・・気に入らなければ代金は不要なんだから・・・これ以上にないほどの業界最高水準の安全安心保証はメディアサービスの宣材写真撮影サービスだけ・・・♪


  • 宣材写真撮影スタジオはサンプルなんかじゃなく、カメラマンの腕を見て決めませんか?

    サンプルなんか見たって、そこに写っているのは、あなたじゃありませんよ!?
    そのサンプルが気に入ったからって、必ずしもあなたがその通りに写るわけではないんです。

    そりゃ、宣伝なんだから、どこのスタジオだって自信のあるサンプル用意するに決まってるじゃない・・・笑
    不細工な30過ぎの売れない役者なんかの宣材写真飾らないだろ!?

    じゃあ、どうやってカメラマンの腕を見極めるのか・・・
    答えは、自分自身を実際に撮ってもらうこと・・・
    撮ってもらって気に入ったらお金を払えばいいんじゃない!?

    えっ!? そんなこと出来るわけない!?
    撮ってもらったらお金を払わなきゃいけない!?

    へぇ~・・・えっ!? 日本にはそういう法律があるの!?
    おれ、今のスタジオ立ちあげて3年経つけど初めて知った・・・

    だから、うちのスタジオの宣材写真のページにはこう書いてある・・・

    『一、気に入らなければ代金は不要』
    (メディアサービス宣材写真撮影3つのお約束より・・・)

    と・・・

    あのね、俺も撮影のプロだから、撮影をしてお金をもらうのは当たり前だと思ってる・・・
    でもね、プロだから、クライアントが納得するものを提供するのも当たり前だと思ってる・・・

    そんな、いまだにスタジオジプシーな君にメディアサービスの宣材撮影サービスはお勧め・・・
    これまでの自分の中の撮影に対しての概念を木っ端微塵に打ち砕いて、とっとと次のステップ行っちゃって・・・て感じ・・・
    一応、宣材写真撮影と銘打ってはいるが、その写真を何に使うかはお客の自由だし、どんな撮影をしたいかも基本サービスの範囲内であれば原則自由で余計なお金はとらない。

    真剣にカメラの前で、自分が何をすれば良いのか悩んでいるのであれば、一度足を運んでみてほしい・・・
    なぁ~に気に入らなければ、代金は不要なのだから・・・

     

    レタッチをすると綺麗だけど・・・
    レタッチをしなくても・・・まあ、この程度は撮れる・・・

    モデルが綺麗だから!?

    ってことは、綺麗なモデルを使えば、綺麗な写真が撮れるということだから、サンプルなんてあんまり参考にならないよな・・・・
    モデルが綺麗かどうかなんて関係ないから・・・俺の腕が良いだけだから・・・・うん、そうに決まってる♪


  • 宣材写真にセオリーとか王道なんてありゃしません・・・

    仮にそんなものがあっても、みなさんがその通りに出来るという保証はどこにもないんです・・・

    重要なのは、それをどうすれば出来るようになるかを、一人一人にどう伝えるかと言うことです。
    十人十色、みんながみんな同じように伝えたからと言って、同じように伝わって出来るようになるわけではないんです。

    私が撮った写真でも、全てが全て上手くいくとは限らないし、相手が納得してくれたからと言って、必ずしもオーディションなどに受かるわけではありません。

    どうすれば良いかなんて、正解はないわけですから・・・

    でも、まあ、経験しないとわからないことなので、2,3か所・・・他で色々撮ってもらってから来てみてはいかがですか?

    そんなスタジオジプシーは、メディアサービスへ