作品撮り

作品撮り _MG_9053_1

作品撮り

作品撮り _MG_9049

最近は、いろんな方から『作品撮りしましょ♪』と言うお話をいただきます。
ただ、作品撮りってお互いがその撮影にメリットを感じるから撮影するのであって、基本的にギャラってお支払いしてないんです・・・
さらに言えば、スタジオ代などかかる費用は原則その作品を必要とする人たちで均等割りと言うのが基本です・・・

例えば、モデルのために作品撮りをするのであれば、かかる費用は全てモデル持ち・・・
カメラマンとモデルとスタイリストが共有する場合は3人で割勘・・・と言った具合です・・・

うちのように撮影は自社・揃える衣装は取引先から安く仕入れが出来たりスタイリストから借りたり出来、数千円程度で撮影が出来る場合は、私が全てを負担する場合がありますが、スタジオやロケーションを外で借りたり、人件費が発生するようなスタイリストやメイクさんを呼ぶとなると、一枚の作品撮りでも、その費用は数万から数十万になることもざらにあります・・・

だから作品撮りのモデルと言うのは、スナップ撮影のモデルと違って、こちらも選ぶ必要が出てくるのです・・・

こういうところで意外と見られているんですよ・・・
『一緒に仕事が出来る娘かどうか』って・・・

最初は、全くお金も何の労力もかからないスナップ撮影で・・・
次に、作品撮りで・・・
それらを半年から1年かけて見ていって初めて
『よし!! じゃあ安心してモデルとして使える娘だから使おう・・・これまでの撮影の中で、こんなことが出来る、あんなことが出来るモデルだな・・・じゃあ、こう言う撮影に使おう・・・』って、なるんです・・・

普段の仕事では、クライアントが用意するモデルを使って撮影をします。なので、モデルのことなんて気にしません・・・
基本的には、その撮影に使えるモデルがクライアントによって呼ばれていることが前提でお仕事をしますし、出来るできないは問題ではありません・・・

が、こちらが選んでつれてきたモデルとなると話は違ってきます・・・
なぜなら、モデルに対しての責任はこちら側にあるからです・・・

中には、1,2度撮影したくらいで、お仕事もらえる気になっている人も多いけど・・・
あまいっつうの・・・笑

み~んなさ・・・そのときだけは、撮影の仕事ほしさに、
『え~そんなことする人いるんですか!? 私は大丈夫です!!』って言うんだから・・・笑

自称『アイドル』とか『フリーモデル』とか『事務所に所属してます!! お仕事下さい』って、名前や顔を公にして活動しているような人でさへ、いざとなると平気でドタキャン・バックレ・音信不通になるからね・・・笑

もうね・・・何十年もそんな人たちたくさん見てきてるから、基本そう言う人たち信用してません・・・♪

彼女は、うちで作品撮りをはじめて一年くらいになります。彼女くらい安定していると、安心してお仕事に使えます・・・
一年間撮影をしていく中で、必要なスキルを身につけてもらい、何が出来て何が足りないのか・・・を把握していく・・・

モデルと言うひとつの商品を大事なクライアントに提案するには、それくらいの手間隙がかかるということなんです・・・

作品撮り_MG_9089

何もこの世界に限ったことじゃないでしょ!?

作品撮りモデル募集

ぜひコメントを残してください♪ 励みになります♪

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください