作品撮り・・・良し!!

作品撮り

前回の記事でお分かりいただけたとも思うけど、決して加工ありきではなく、良い撮影が出来たものを、さらに良い作品に仕上げるために加工するということ・・・

うちは、撮影に携わる仕事なら何でもこなす何でも屋なので、良く急ぎの仕事で『レタッチだけ・・・』と言うのもやるんだけど、写真自体はいたって普通に撮れているんだけど、加工するのに適さない写真というのもある。
それは、『加工・修正を前提に撮影した写真』である。

この『加工・修正を前提に撮影した写真』には2種類ある。
一つは、『加工・修正を前提に撮影した写真』のため、撮影の段階で全てを計算して撮影された写真・・・
例えば、白抜き加工を前提とした場合、最初から背景を飛ばした撮影にするか、クロマキーを使うかなどが、その良い例ではないだろうか・・・
もう一つは、『どうせ修正するから・・・』と言って何も考えずに撮りまくる・・・
だいたいこの手の写真を持ち込まれるときは、写真を見てすぐにわかる・・・
しかもそんな写真に限って、何も考えずに撮ったのに注文だけはやたらと多い・・・笑

ちなみにこちらが今回のbeforeになる・・・

作品撮り

ぜひコメントを残してください♪ 励みになります♪

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください