作品撮りにて・・・歩く・・・と言うポージング

作品撮りにて・・・歩く・・・と言うポージング

作品撮りにて・・・歩く・・・と言うポージング

本人が一番よくわかっていると思いますが、このカットは、スタジオで実際に歩いてもらっています。

作品撮りにて・・・歩く・・・と言うポージング001

下の写真と見比べてみていかがですか?
明らかに、力が入っていないのが分かりますか?

歩くという行動をとることで、本人は各パーツへの意識が散漫になっているため、余計な力みがないのです。
下の写真の場合は特に、脚にそれが顕著に表れているのがわかりますか?

歩くというポーズではなく、歩くという行動をとってもらう・・・これがポージングです。
自分が思った通りのポーズで撮影ができないため、歩くという行動の一瞬一瞬に意識をしなければいけない・・・と言うことなんですが、そこまでやろうとすると今度は歩くことそのものに意識をしてしまい、ぎこちない動きになってしまうのです・・・

だから、普段から綺麗に歩く・・・と言うことを意識して生活をしていれば、これくらいのことは、カメラの前でも簡単に出来るようになるのです・・・
だって、普段やっていることですから・・・
それをカメラの前でだけ、体裁を取り繕おうとするから、ぎこちない格好になってしまうのです。
写真と言うのは、良くも悪くも普段の自分そのものが写し出されているものなのです。

ポーズとポージングの違い

これがわかるようになってくると、後はもう簡単です。
放っておいても、自分からドンドンいろんなことをやり始めます。

作品撮りにて・・・歩く・・・と言うポージング002
作品撮りにて・・・歩く・・・と言うポージング003
作品撮りにて・・・歩く・・・と言うポージング004
作品撮りにて・・・歩く・・・と言うポージング005

自分で、『あんなことしてみよう』『こんなことしてみよう』と言う自発的な考えが芽生え行動できるようになれば、それが本当の『自分らしさ』じゃないんでしょうかね・・・
もっとも、それが美しいかどうかは別ですが・・・ね・・・♪

ぜひコメントを残してください♪ 励みになります♪

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください